綜合建築施工・一級建築士事務所 (有)坂下建築工業
ホーム 施工例 会社概要 アクセスマップ ブログ お問合せ


Writer
坂下守二
坂下哲雄
No.138 キッチンのリフォーム     坂下守二

先週、あるお施主様からご依頼頂いたリフォーム工事が完成しました。

今回のお施主様、30年程前に弊社にて新築工事を施工、その後増築工事、浴室のリフォーム工事と長年、家づくりのご依頼を頂いております。
今回は以前のリフォーム工事で実現できなかったキッチンのリフォームをご依頼頂きました。

「使いやすく、お手入れしやすく、食器洗い乾燥機もあったらいいなぁ。」といったご要望をお聞きしながらシステムキッチンの内容を決め、現状の部屋に納まるかを検討して工事を着工しました。
リフォーム工事は想定外の事が起こりうるものですが、順調に作業が進み無事完成する事ができました。

完成したキッチンを見てお施主様がとても喜ばれ、笑顔を見ることができた事は私達にとっても大変喜ばしいことです。

2013/04/16(Tue) 19:08


No.137 光のリフォーム     坂下哲雄

あるお施主様からご依頼頂いたリフォームが完成しました。

「光のリフォーム」

間仕切壁がある為、奥にあるキッチン部屋が日中暗いとお悩みとのこと。今回の工事は光を遮っていた間仕切壁に明かり取り窓を施工する計画です。
リフォーム工事の場合、ほとんど壁内の状態が分かりません。施工前に壁スイッチを取外して壁の厚さ、下地材の有無を確認し、ほぼ推測で施工方法を決定しました。
本施工の前に部分的に壁を撤去して予定通りの位置に明かり窓が施工できるかを判断し、必要な部材を発注。ほぼ予定通りに本施工を行うことができました。
1枚目の写真は窓が無い状況。2枚目が2箇所窓を施工した写真です。

完成後、お施主様より「思った通り、明るくなってとても満足です。」とお言葉を頂きました。

2013/03/26(Tue) 18:38


No.136 結露     坂下哲雄

毎日寒い日が続きます。この時期、家で悩まされるのがガラスの「結露」。
長年お住まいの方は窓ガラスが1枚ガラスの方がいらっしゃるかと思います。こういったお宅は結露に悩まされているかもしれませんね。
近年はペアガラス(2枚ガラス)の普及でこういった症状も緩和されつつあります。

しかし、以前新築工事をさせて頂いたお宅でペアガラスの結露が発生してしまいました。

一般的に結露の症状はガラスの表面に起こるものですが、今回はガラスとガラスの間にある「空気層」と呼ばれる層に水が溜まってしまいました。
写真で分かりにくいかもしれませんがガラス下の約5cm程、水が溜まっていました。推測ではありますが目に見えない程の小さな穴がどこかに空いてしまい、そこから湿気が入り込んでしまったのではと思われます。

このような事が起こるのは極めて稀ですが、こういった場合の対応としてガラスメーカーさんは10年間のガラス内結露保証をしています。
今回は保証期間内としてメーカーさんの対応でガラスを取り替えしてくれましたのでホッとしました。

2013/01/25(Fri) 18:45


No.135 部屋の間仕切り     坂下哲雄

家を新築してから何十年も住み続けていきますと、ライフスタイルが変化していきます。
今回は子供の成長に伴う部屋の間仕切りについてお話したいと思います。

新築工事竣工時、この子供部屋は8帖間と6帖間が1部屋でつながっていました。2人の子供達はとても仲良し。「一緒の部屋がいい」と言っていました。これが1枚目の写真です。

あれから10年程経ち、子供達が成長していきますと学校の宿題をする時間、プライベートの時間など2人の時間の過ごし方にズレが出てきます。それでも一緒に過ごす時間も大切であったりします。

2枚目と3枚目の写真は2つの部屋を間仕切した工事後の写真です。
2枚の建具を閉めた状態では部屋を分けて使用し、開けた状態では一緒に過ごしたりと、その時々に応じて使い分けられるようにしました。
実はこの工事、新築工事時に将来間仕切りが出来るように壁や天井内に固定する為の木の下地が設けてありましたので2日で工事が完了しました。

長く住み続ける住まい。将来を見据えた計画がなされていた事例のご紹介です。

2013/01/14(Mon) 17:20


No.134 謹賀新年2013年     坂下哲雄

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

本年初日は、家族と初日の出を見に山に登ってきました。
行ってきたのは昨年同様百々ヶ峰(どどがみね)という山です。
山の中腹にある駐車場から、30分程歩き頂上を目指しますが近いようで遠いです。ちょうど良い運動といった感じです。
今年も日の出の時間はあいにく山に雲がかかっていましたが数分後に朝日が顔を出し、御来光を拝む事ができました。

本年が皆様にとりまして良き年でありますようお祈り申し上げます。

2013/01/01(Tue) 16:10


No.133 年末年始休業のお知らせ     坂下守二
今年もあと1日。皆様、家の大掃除などお済みになりましたか?
皆様には今年1年間お世話になり有難うございました。

誠に勝手ながら下記の期間、年末年始休業とさせて頂きます。お問い合わせ、ご連絡等ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。

平成24年12月31日〜平成25年1月6日

2012/12/30(Sun) 17:50


No.132 瓦の修繕     坂下守二

先日、あるお施主様宅の瓦修繕工事が完了しました。

お施主様は弊社にて以前、新築工事やリフォーム工事の施工をさせて頂いた方で、今回は本宅の瓦修繕工事を御依頼頂きました。

築年数は40〜50年以上でしょうか。立派なお屋敷で瓦は日本瓦葺きでした。
昔の瓦は土を屋根に乗せて瓦を葺いていく方法でしたので、長い年月が経過すると漆喰や土が剥がれ落ちてしまい、瓦がずれてきてしまったりします。

写真のように平瓦と棟瓦の境の漆喰が剥がれ落ちてしまっていました。こういった部分に再び漆喰を施工したり、平瓦と平瓦がずれていた部分を瓦と瓦を接着して固定したりして修繕工事を完了しました。

なかなか屋根の上を見る事は難しいですが、屋根は雨をしのぐ一番大切な部分です。定期的なメンテナンス、修繕が長く住み続ける家となる事かと思います。

2012/12/21(Fri) 11:57


No.131 スカイツリー     坂下哲雄

昨日、東京まで行ってきました。
都内のあるところにスマートハウスの実験棟があるということで勉強の為、見に行ってきました。

この建物、あるメーカーさんが今後の家づくりの研究、実験の為に建築したということで一般には非公開とのこと。今回は特別に見させて頂く事ができました。

外観は四角い形状で、一般住宅にはあまり見られない位置に窓が設けられていました。
中に入ると何と、身長30cm程でしょうか?かわいいロボットが迎え入れてくれました。
この家は太陽光発電パネルやHEMSと呼ばれる家全体の設備を管理するシステムがあり、先程登場したロボットが家全体のエネルギーの使用状況や窓の開閉などのアドバイスをしてくれるそうです。
今の日本のエネルギー事情からもこのような家が増えていくのだろうと思う、これからの家づくりを知る事ができました。
先程の理由からも写真撮影は禁止されておりましたので文書ばかりですみません。

代わりに帰りに寄った「東京スカイツリー」の写真を載せてしまいました。

やはり・・・「背が高いなぁ」

私、初めて来ました。家づくりをする私が見ても、圧巻でした。

2012/12/13(Thu) 19:35

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
綜合建築施工・一級建築士事務所 (有)坂下建築工業 〒501-3107 岐阜県羽島郡岐南町伏屋8丁目155-1  058-240-1038