綜合建築施工・一級建築士事務所 (有)坂下建築工業
ホーム 施工例 会社概要 アクセスマップ ブログ お問合せ


Writer
坂下守二
坂下哲雄
No.90 建方工事     坂下哲雄

昨日、建て方工事を行いました。

この時期ならではの、小雪がちらついたり、晴れ間がのぞいたりといった天候でしたが1日の作業を無事、終了することができました。

とても寒い1日で体の芯まで冷えるほどでしたが、お施主様からの温かい飲み物の差し入れで暖をとることができ、大変ありがたい御厚意にあずかりました。

2011/01/13(Thu) 19:00


No.89 謹賀新年2011     坂下守二
新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
私達が住むここ岐阜県は昨年同様、雪化粧のお正月となりました。
何だか雪=お正月と思ってしまうのは私だけでしょうか?

昨年は建築業界でも「エコポイント制度」が実施され、弊社にて住まい造りをご依頼頂きましたお施主様もこの制度をご利用頂きました。ますますECOな環境が求められてきているのかと思います。この制度、昨年1年間のみにてスタートしましたが、今年1年間の延長が決まり、ますます皆様の住まい造りにお役立て頂ければと思います。

皆様にとって良い1年となりますよう、お祈り申し上げます。

2011/01/01(Sat) 17:44


No.88 年末年始 休業のお知らせ     坂下守二
いつもながら、あっという間の1年でした。
皆様には今年1年間お世話になり有難うございました。

誠に勝手ながら下記の期間、年末年始休業とさせて頂きます。お問い合せ、ご連絡等ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。

平成22年12月30日〜平成23年1月5日

2010/12/29(Wed) 10:24


No.87 何でしょう?     坂下哲雄

3ヶ月以上にわたる、あるお施主様の増改築工事が終わりに近づいています。

そんな工事の中、ある部屋の壁に穴を開け、写真ように壁の中に棚を造りました。
本日はクイズを出してみます。



さて、何のために造られた穴でしょうか?



答えは後日、ご紹介したいと思います。

2010/12/23(Thu) 15:28


No.86 たかが松の木、されど松の木     坂下守二

先日ある方から、松の木を撤去してほしいとの依頼がありました。
私共の仕事は、住まい造りが本業ですが、今の世の中、様々な内容のお話も請け負わせて頂くようにしています。
住まいに関する新築から家こわし、古家のリフォーム、外構工事に至るまで。

今回依頼頂いた内容は、高さ8〜9m程の松の木を倒してほしいとの事でした。南隣りの家へ枯葉が落ちて苦情が出ているとの事で、そして又、枝自体も越境しているとの事。
請けたものの、はて、どうして撤去しようか?
クレーンにて吊り上げて切り倒そうか?
色々と考え、あまりお金のかからない方法を考えなければと思いつつ、知り合いの庭師さんにお願いしました。

写真を撮って見せて確認をし、現地へ同行してもらい、昼から取り掛かる事にしました。
すると、庭師さんは現地へ着くなり、スルスルと松の木によじ登り、上の枝からノコギリで切り払い始めました。
落とした枝を私が拾い集めて1ヶ所に山積みにしていきます。生木というのは水分が非常に多く、枝そのものがかなり重いものだと実感しました。
積み上げた枝も2t車のトラックに山積みとなり、かなりの量でした。
すべての枝を切り落とし、さてこれから、この松の木を切り倒す場面となり、地面から1m程の所にノコギリを入れました。
がん胴というノコギリで切り始めてみたものの、なかなかノコギリが入りません。枝を切り落とした松の木は、7m程の高さに縮まりましたが、それにロープを2本巻き付け、隣の家に倒れ込まないように工夫して、松の木より6m程離れた所にある庭木にロープをくくりつけました。

数十分して、庭師さんがやっとの思いで、松ヤニに遮られつつノコギリを入れる事が出来ました。
直径30cm程の幹も何とか引き倒せるところまでノコ歯が入り、「よし!倒すぞ。」と、張ったロープを何度か揺さぶり、やがて「ずしーん」と松の木が倒れました。

南隣りの家にも、依頼されたお宅の家にも支障無く切り倒す事が出来、思わず胸をなでおろしました。
切り口の年輪を数えてみたら、28〜30年度程の松の木のようです。
松の木とはいえ、一つの生命に終止符を打ってしまった事に、何となく侘しい気持ちもしないではありませんでした。

2010/12/17(Fri) 13:22


No.85 お施主様の声2     坂下哲雄

12月に入り、慌ただしい季節になってきました。早いもので今年もあとわずかとなりました。
本日は1ヶ月程前にお引き渡しさせて頂きました方より「お施主様の声」として弊社へ新築住宅の家造りをご依頼したご感想をお聞きしましたのでご紹介したいと思います。



「坂下建築工業万歳!」
顧客のニーズに合った家造りを大切にしていることが今回の家造りを依頼した要素のひとつです。
実際、設計段階からきめ細かい決定事項をひとつひとつ聞き取り、まるで家族の一員かのように親身になって考えてくれました。
さらに坂下さんが今までの経験上で作り上げてきた良い点をふんだんに取り入れ、真心のこもった家造りになりました。
工事が着工してからは、各業者さんが入れ替わり現場で作業することになりますが、その中で坂下さんは各職人さんに対しコミュニケーションを徹底的に図り、段取りよく各業者さんが手待ちになることなく作業管理されていた事には驚かされました。

坂下さん ありがとう! そして、坂下建築工業万歳!!



といったご感想を頂きました。
この文書をパソコンに打ちこみながら、こんなお褒めの言葉を頂けて大変光栄に思うとともに、このお施主様の家造りをお手伝いできた事に感謝したいと思いました。
お引越しされた後も何度かおじゃましましたが、ニコニコしたご家族の笑顔でお出迎えしていただける事が何よりのご感想だと思います。
ちなみに、写真はお世話になったお礼として「ニッチ」と呼ぶ飾り棚を造り、一輪差しの花瓶をプレゼントさせて頂いた写真です。

これからもこういった皆様の「笑顔」が見られる家造りをしていきたいと思います。
最後にこのご感想を頂く事にご協力頂きましたお施主様に改めてお礼申し上げます。
有り難うございました。

2010/12/04(Sat) 16:54


No.84     坂下哲雄

山々もすっかり色づき、紅葉シーズン真っ盛りの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私、以前よりお世話になっている会社のお誘いで旅行へ行ってきました。

岐阜を出発し、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県と移動し、兵庫県を南から北へ移動してたどり着いたところは城崎温泉にある1軒の宿でした。丸1日がかりのバス移動で「遠いところまで来たなぁ」といった感じでした。
久しぶりにお会いした方々と、「外湯」の温泉を楽しみ、おいしい夕食を頂いた後、夜中にお茶を買いに外へ出てしばらく歩くと近くの中学校の校庭にあやしい物音が・・・

目を合わすと、なんと1m以上もある野生のイノシシがノソノソと歩いていました。ニュースなどでそういった話を聞きますが、まさか私が遭遇するとは。幸い、イノシシは山へと帰って行き、私、無事でした・・・。


翌日は日本海側より東へ進み、京都の「天橋立」へ行ってきました。ケーブルカーで傘松山の頂上へ行き、「またのぞき」をしてきました。逆さに眺めると「天に架かる橋」の様に見えるとのこと。この逆さの写真を撮ってみましたが、皆様いかがでしょうか?

反対の山から眺めると「天に昇る竜」のように見えるそうですが、時間の都合でこれは見られず、岐阜への帰路につきました。

今年は天候に恵まれ、何年かに1度の紅葉の当たり年とのことです。今回の旅行でも各地でさまざまな景色、紅葉を楽しむことができました。
皆様もお休みの日に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ただ、道路は大変渋滞しますので早めの出発が良いかと思います。

2010/11/23(Tue) 18:32


No.83 秋と言えば     坂下哲雄
最近は朝夕すっかり涼しくなり秋本番といったところですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
秋と言えば「スポーツの秋」、「食欲の秋」などさまざまな楽しみ方がありますが他に忘れていませんか?

そう「芸術の秋」です。

先日、時間が取れましたので岐阜県美術館へ行ってきました。
私の奥さんが是非見たいと、以前よりお願いされておりまして久々に夫婦2人で出かけました。(本日は仕事と全く関係ない話です。)

今、「語りかける風景」と題し、絵画展が開かれています。ピカソ、モネ、コローといった有名な方々の絵画が展示されており、多くの方がいらっしゃっていました。
正直、あまり絵には詳しくありませんがある田園の風景画に目が留まりました。
大きなキャンバスに広々とした田園風景が描かれており、空に広がる雲が印象的でした。何か「スーッ」と絵の中に引き込まれるような感じで、その前にあった椅子に座りこんでしまいました。

とまぁ、柄にもなく、こんな時間を過ごしてしまいました。

2010/10/15(Fri) 18:33

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
綜合建築施工・一級建築士事務所 (有)坂下建築工業 〒501-3107 岐阜県羽島郡岐南町伏屋8丁目155-1  058-240-1038